三代目JSB LDH系 雑談あれこれ

映画「ウタモノガタリ」感想&ネタバレ 

投稿日:

※「ウタモノガタリ」全般のネタバレを書いていますので、これから観る方は注意してください。ネタバレが嫌な方はお戻りくださいね。

映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』は、6/22(金)に公開されたショートショート フィルム。

詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクト<-CINEMA FIGHTERS project->の最新作です。

↑は、先着順にもらえる入場者プレゼントのリリックストーリーブック。

特別解説&歌詞の一部が掲載されています。

ウタモノガタリは近くの劇場で公開されないので、公開前にチラシがゲット出来なかったんですよね。

だから、このリリックストーリーブックはどうしてもゲットしたかったので、公開初日に観に行ってきました♪

おかげで無事ゲットすることが出来ました♡

 

さて感想ですが・・・とりあえず全般的に・・・うーーん・・・。

ちょっとどれも意味が分からなかったかなっていうのがざっくりした感想です。

がんちゃん主演の「ファンキー」とTAKAHIRO主演の「カナリア」は3.11が根底にある物語なので、震災に関することを思い出すのがつらい方は観るのに注意が必要だと思いました。

私自身も観ていてちょっと苦しく感じる場面もあったので・・・。

劇中に流れるサイレンの音も不安を感じてしまうかも。

 

ということで、作品の上映順に感想を書いていきたいと思います。

岩田剛典主演「ファンキー」

「東京」by 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE

”二度と会えない人へ愛を伝えたい”というストーリー。

舞台は2041年の東京。

3.11は、謎のファンキー集団のリーダー”純司の兄貴”(がんちゃん)の誕生日であり、最愛の母の命日。

2041年の3月11日に純司は36歳になる。

35歳の若さでで亡くなった母親の年を越えようとしていた。

「お母さんに会いたい」

その強い気持ちが奇跡を起こす。

降り続いていた雨が東京の街を飲み込み、その中を泳いでいくと、未だ海の底で見つからなかった母親と再会する。

言葉を伝えようとするけど、水の中だから上手く伝わらず、身振り手振り・・・ダンスなのかな?それを見てお母さんがにっこり・・・。

・・・っていう話・・・??笑

いやいや、意味わからんわ~って思うかもしれませんが・・・ちゃんと観てても意味わかりませんでした。

難しすぎるよ笑

まぁファンキー・・・??あ、見た目はファンキーでしたよ笑

 

正直、こんなのがあと5作品!?って思ったら、がんちゃんの観ただけで帰ろうかと・・・笑

ファンでもちょっとキツイかも。

白濱亜嵐主演「アエイオウ」

「何もかもがせつない」by GENERATIONS from EXILE TRIBE

”普通の日々がもしかしたら一瞬で変わってしまう”

孤独な若き自衛隊員、安住ひかる(亜嵐)は、特命任務に突如選抜される。

会戦を阻止すべく、将補、山崎と共に最果ての地へと赴く。

その鍵を握る聖地、美しい浜にポツリある見張り台に立つひかる。

海を見るひかるの脳裏にかつての恋人、知和(ちか)の姿が蘇る。

ある日、ひかるの前に老婆が現れる。

「おわりのはじまり」老婆の紡ぐ言葉から、ひかるに打ち寄せる真実とは何か。

説明難しいんで、公式サイトから引用させてもらいました。

これ・・・全く理解できませんでした。

意味がわからないっていう次元を超えてます。

ごめんなさい・・・あまりにも意味不明で半ば意識飛んでました・・・笑

「あいうえお」じゃなく、「アエイオウ」が原点だったという話があるそうです。

ってのだけは理解できましたが・・・笑

過去と今を交差しながらってのも分からなかった・・・。

老婆に拳銃を向けられ、上官に言われた言葉を繰り返しながら最果ての地から逃げてきた?

で、たどり着いた幼稚園でかつての恋人だった知和を見つけたところでサイレンが鳴り響く・・・。

やっぱり思い返しても意味不明すぎる・・・笑

山下健二郎主演「幻光の果て」

「Baby Shine」by DEEP

かつて海で出会った最高の”光”、その光を追うというストーリー

恋人?がサメに襲われて、大切な人を亡くした過去を持つ漁師のヨシヤ(健二郎)。

サメに襲われ、壊れたサーフボード・・・恋人の形見ですよね。

それを船に乗せています。

突然サメを見つけたと騒ぎ、追いかけるヨシヤ。

でもそのサメは幻・・・。

ラストも何かを見つけ、海に入っていくところで終わりました。

亡くした恋人を忘れられず、敵であるサメをなんとしてでも仕留めようというヨシヤの話・・・ってことですかね?

石井杏奈主演「Kuu」

「あの子のトランク」by DANCE EARTH PARTY

”言葉が通じなくても人と人とは繋がれる”

ゴツゴツした岩場を傷ついたアン(石井杏奈)が歩いてきて、対岸に人を見つけ助けを求めようとするが・・・敵だと思われたのか弓矢を向けられます。

対岸にいるハナとテン(山口乃々華坂東希)がダンスをすることで、アンが害をなすものではないことを確かめる・・・っていう話・・・かな?

最後は通じ合って助けられていたけど・・・。

アンもハナとテンも同じ民族にしか見えなかったから、生き別れた姉妹かなんかかと思った笑

で、このダンスが出来るのはやっぱり生き別れた姉妹に違いない!!って話だと思って観てました。

違った・・・笑

青柳翔主演「Our Birthday」

「How about your love?」by JAY’ED & 鷲尾伶菜

”永遠の愛”は輝きを失わないというストーリー。

これは1番わかりやすかった!

奏(青柳翔)と誕生日が同じという運命的な恋人梨香。

二人の誕生日に永遠の愛を誓うけど・・・。

その恋人を事故で亡くして、彼女のことを忘れられないっていう話ですね。

ベタなやつだけど、唯一頭を使わずに観られたお話でした。

TAKAHIRO主演「カナリア」

「Canaria」by EXILE TAKAHIRO

”今を全力で生きること”の意味を教えてくれるストーリー。

これも奥深い話ですね。

津波で彼女を失った亮(TAKAHIRO)が、彼女の父親の牧場で牛の出産に立ち会って、命についてあらためて感じる・・・っていう話かな。

たかひろ・・・太った!?笑

それが気になっちゃって・・・笑

一番震災を彷彿させる話でした。

ラストが特に・・・。

まとめ

今回は感想書くのがすごい大変でした。

どの話も奥深いんだろうけど難しすぎて消化しきれない感じ。

上映が終わった後、観てた人誰一人しゃべらずさっさと帰ってたし・・・笑

いろいろ考えさせられる話なんだろうけど、涙の物語と言うより、とにかく暗い気持ちになりましたね。

◯◯のファンだから観に来た♪

って人には、全部観るのは苦痛かも。

正直面白いと思える話は1つもありません。ごめんなさい・・・。

強いて言うなら、それぞれの主題歌は楽しめるかな・・・笑

主題歌をまとめたCDが出たら欲しいなとは思いました。

 

ちなみにこんなキャンペーンやってるらしいです。

リピートしてるうちにだんだんと話の内容が理解できるようになるかもしれないけど・・・わたしは1回観たらもういいかな・・・笑

『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』公開記念
リピーターキャンペーン

【プレゼント内容】半券2枚

6作品オリジナルポスター&『ウタモノガタリ』 ポスター (B2サイズ) 計30名様

①『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』 【ポスター (12名様)】

②『カナリア』 TAKAHIRO主演、松永大司監督 【単独ポスター (3名様)】

③『ファンキー』 岩田剛典主演、石井裕也監督 【単独ポスター (3名様)】

④『アエイオウ』 白濱亜嵐主演、安藤桃子監督 【単独ポスター (3名様)】

⑤『Kuu』 石井杏奈・山口乃々華・坂東希出演、平林勇監督 【単独ポスター (3名様)】

⑥『Our Birthday』 青柳翔主演、Yuki Saito監督 【単独ポスター (3名様)】

⑦『幻光の果て』 山下健二郎主演、岸本司監督 【単独ポスター (3名様)】

 

【プレゼント内容】半券3枚

『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』 オリジナルスタジャン 計3名様 (サイズ:M)

ここでしか手に入らない特製スタッフジャンパーをお贈りします!

スタジャンを着て是非CINEMA FIGHTERS projectの一員になってくださいね!

【応募方法】

2018年6月22日(金)~2018年7月30日(月)

【対象】

上記期間中に『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』を上映している劇場の半券。

同劇場・同時間の半券でも応募可。

※先行上映や、トークショー、映画祭での上映のチケットを除く

 

詳しくはウタモノガタリのサイトを見てみてくださいね。

http://utamonogatari.jp/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/282/

-三代目JSB LDH系, 雑談あれこれ

Copyright© あれこれふぁくとりー , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.