雑談あれこれ

映画ナラタージュはつまらない!?期待はずれ!?注・ネタバレあり

投稿日:2017年10月25日 更新日:

※この記事には映画のネタバレが含まれています。そこを御理解の上お読みくださいね。

色んな意味で話題になっていた映画『ナラタージュ』。

ずっとずっと観たいと思ってたんですが、やっと観てきました♪

高校の先生(松潤)との禁断の恋!

やら、

イケメン小野(坂口くん)との三角関係!

やら、見どころ満載な感じで公開がすっごい楽しみでした。

主題歌もadieuさんの歌う『ナラタージュ』が切ないくらいピッタリだなと思っていたし。

いい曲だなと思っていたら、作詞作曲がRADの野田さんなんですね。

そんな感じでとにかく期待して観に行ったわけです。

映画『ナラタージュ』を観た感想

あれ???思ってたのと違った・・・???

うーーん、とりあえず・・・正直な感想を言いたいと思います。

出演者や原作のファンには申し訳ないけど・・・

最近観た映画の中でも一番つまらなかったです・・・(´・ω・`)

松潤も坂口くんもめっちゃかっこいいし、架純ちゃんもとっても可愛かった♡

だけど内容がちょっと・・・。

原作を読んでないから原作との比較は出来ないんですけど、観終わって第一声は・・・

「え?なに??」

でした。

観る前にね、先週観た友達から「途中寝ちゃったよ~笑」って話を聞いていたので、もしかして・・・っていう疑念はちょいあったんですよ。

でも、松潤だし、坂口くんだし、架純ちゃんだし・・・つまらないわけないでしょ!

それに濡れ場も激しいって聞いたよ?笑

でも・・・思ってたのと違った・・・。

『許されない、けれど全てを捧げた恋ーー。あなたは一番好きだった人を思い出す。』

『衝撃の純愛の切なさと愛おしさに感嘆の声続出』

・・・全く好きな人思い出さなかった・・・よ?笑

てかね、本編始まる前の予告映画の『先生!』に感動したのが今日一番の感動だったよ?笑

何気に期待してた濡れ場・・・笑

ポスターや予告からして濡れ場が激しい感じしますよね。

だから、あの清純な有村架純ちゃんがどこまでやるのか期待大だったんですよね。

でも実際は全くの期待はずれだったわけですが・・・。

どんだけ激しいの想像してたんだよ!!ってね笑

 

坂口くんが、架純ちゃんの親友の高畑充希ちゃんの彼氏っていうのは有名ですよね。

坂口くんと架純ちゃんがあんなに激しい濡れ場を演じたら、充希ちゃんとの仲は壊れないのか??って言う誰かのレポを読んだからこそ余計に激しいのを想像しちゃっていたんだな。

あれくらいなら問題ないだろ!笑

 

松潤とのシャワーでのシーンも・・・あれだけかい!!ってね笑

架純ちゃんの情熱的なセクシーシーンを期待してた男性ファンの方はがっかりじゃないですかね。

逆に松潤や坂口くんのファンは、そこまで激しくなくて安心したんじゃないですか?

映画ナラタージュはクズ男のオンパレード!?

観終わって思ったのが・・・

葉山先生も小野もクズ男じゃんか!!

純愛って捉えましょうってことなんだろうけど・・・

そうじゃないよね??

小野のクズっぷり

・携帯の履歴を確認。ヤキモチからか嫌がる泉を無理やり抱く。

・「見えるところにあんなもん置いとくなよ」←勝手に先生への手紙と写真を見る。

・「悪いと思うなら土下座して謝れ」←道路に土下座させる。

・「靴・・・脱いでいって」←道路で靴を脱がせる

・助けを求めてるのに「今行ったら俺のこともっと好きになる?」発言。

箇条書きにしてみましたが・・・

泉のことが好きで離れたくないからこその発言なんでしょうが、見事なクズっぷりを発揮してますよね。

葉山先生のクズっぷり

君のことは恋ではなかったと言いながらキスをしたり、奥さんとは別れたと言いながら実は離婚してなかったり。

最後は奥さんとよりを戻すと言いながら泉を抱く辺り、こちらも見事なクズっぷり。

奥さんの元に戻るなら抱くなよ!!って思います。

思い出作りに・・・ホントは好きだけど・・そういうことなんでしょうが、抱かれたら女はその人のことを忘れられなくなってしまう。

泉に対して一度も好きと言わなかった辺りもズルい男だなと思いました。

まとめ

映画の感想はわたしの個人的な感想なので、もちろん良かったよ!!って人もたくさんいると思います。

捉え方も人それぞれですしね。

純愛と捉えるか、単なるズルい男と捉えるか・・・。

素直に観れば、葉山先生は

自分の泉に対する好きな気持ちは押し殺して、泉の幸せを祈って自分は身を引く。

それでもやっぱり好きだから、最後に身体を重ねて思い出作りをする。

って内容の映画だと思います・・・わたしが単に捻くれているんだとは思います・・・笑

いろんな見方があると思うので、これから観る方も、もう観てきたよって方も、自分なりの捉え方で楽しめたらいいかなと思う映画でした。

ちなみに『ナラタージュ』とは、ナレーションとモンタージュをかけ合わせた言葉で、回想シーンなどを用いて過去を再現する手法のことを言うそうです。

なるほど・・・確かにいくつもの回想シーンが組み合わさって出来ていたなと思います。

その辺にも目を向けて観てみてくださいね♪

原作とも微妙に話が違うので、原作を読んでない方は原作を読んでみると二度楽しめるかもしれませんね。


ナラタージュ (角川文庫) [ 島本理生 ]

-雑談あれこれ

Copyright© あれこれふぁくとりー , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.